2台目スマホに格安SIM

格安スマホに加入する時の注意点

格安スマホって大体3通りあります。

データ通信のみ、050番号の通話+データ通信、現在の番号を引き継げる(MNP)音声通話+データ通信ってところです。主流なのはデータ通信のみ、MNP可の音声通話つきデータ通信の2つといったところです。

050は音声品質が気になる、現在の番号を使えないといったデメリットで、他の二つより不人気なのと、このプラン自体がない格安スマホ会社もあります。

データ通信のみは、ガラケー+データ通信用スマホの2台持ちの方に人気があります。これだと現在使ってる電話番号はガラケーで使えますし、ガラケーで通話料無料プランに入っておけば通話料も安心です。ネットやLINEはスマホですればいいのと、二つに分けることによりバッテリーの持ちが全然違ってくるのが魅力的です。

MNP可の音声通話+データ通信は現在使ってる電話番号をそのまま使えるのが魅力です。番号が変わったと仕事先や友人にいちいち報告するのも大変ですし、ずっと同じ番号を使い続けたいって方がほとんどだと思います。

気をつけないといけないのは通話料です。キャリアだと月額利用料金が高いですが通話料無料がセットになってる場合がほとんどなので通話料は気にしなくていいんですが、格安スマホは通話し放題っていうプランがほとんどないんです。しかも通話料金は1分40円っていう値段なので、一日5分の通話でも200円、これを毎日すれば6000円となり、よく電話をする人の場合格安スマホのほうが高くなってしまうなんてこともあります。

無料通話アプリのLINEしか使わないならいいですが、仕事先にかける時にLINEなんて使ってられないですよね。なんだかんだと普通の音声通話に比べると音声品質も悪いですし、重要な会話をする場合は無理って人も多いと思います。

ですので、まず格安スマホに加入する場合は自分のスマホ利用状況を確認し、実際に格安スマホに変えても安いか?を検討することが重要となります。